コジプロブログ第3弾・岡村憲明プロデューサーの「懺悔な男」開始宣言
 本題に入る前に、岡村プロデューサーについて簡単に説明しよう。
 岡村憲明...ZOEのプロデューサーから、ときメモの脚本・監督を経た人だ。
 今はMGA2の面倒を見ているようで、TGSのMGA2イベントでは野尻Dとともに出ていた。
 (コジコジの言う「チンタ」って野尻Dのことだろうか? 言われてみると「チンタ」っぽい顔だが)

 個人的な感想としては、ほんわかした優しい雰囲気のおじさんだ。
 暴走する野尻Dを必至で止めようとしていた姿が痛ましくも印象的だった。
 岡村プロデューサーは様々な苦難や修羅場を乗り越えてコジプロに戻ってきたそうだ。
 (その辺は今日のひでぶを参照していただきたい)

 クールで知的だけど、新ちゃんとの関係が怪しい「ひでぶ」。
 マイペースで、毎回必ずどこかに天然ボケが混じっている「ムラット」。
 濃密なコジプロにおいてパッと見、普通そうな岡村プロデューサーはどう来るのだろうか。
 テーマは「懺悔」...2つのブログとは性質の異なることは間違いないだろう。
 (野尻Dの犯した悪行の暴露話とかじゃないよな?)

伊藤計劃さんのブログに東京ファンタでのできごとが書いてある
 昨日のひでぶに出てくる伊藤計劃(けいかく)さんには今年の夏コミにてお会いした。
 以前、このブログでデイビークロケットの誤植に関するアドバイスを頂いたことがあり、そのお礼としてだ(あつかましいことにホーミングコブラ作戦のお願いもしてしまった。その節は...;;)。

 伊藤さんが単なるコジコジの追っかけではないということは、MGS2のパンフレットに寄稿した時点でうすうす感じてはいた。が、まさか顔見知りでいらっしゃるとは思いもしなかった。
 ちなみに伊藤さんとはMGSファン必携サイトSPOOKTALEの管理人さんのことだ。
 文章も素晴らしく、絵も上手い人である。
[PR]

by lex010 | 2005-10-16 22:08

<< ひとこと(10/17)    小島組関連サイト紹介 >>