今回はMGS2タンカー編におけるオセロット(リキッド)の台詞。
 「やはり貴様は馬鹿(ソリッド・アイボリー)だな!」のソリッド・アイボリーについて。

 そもそも「ソリッドアイボリー」とは象牙とベージュを足して2で割ったような色のことを示しますが、それが何で「馬鹿」になるのかが分かりません。
 恐らく裏の意味が隠されているのでしょう。

 ということで英和辞書、英英辞書を当たってみました。しかしそれらしい熟語はなし。
 「Solid」にも「Ivory」にも隠語めいたものは特に見当たらず。
 「Ivory」に石鹸の商標名があった程度でした。
 だったら「Solid Ivory」とは何なんだ。今日のコラムは難産の予感...

 調べを進めると、海外サイトにウッディー・ウッドペッカーの1947年の作品に「Solid Ivory」というものがありました。
 ウッディーについてはあまり詳しくありませんが、アメリカの古きよき時代のアニメなので、何かよっぽど面白おかしい表現があったのでしょう。

 ちょっと消化不良気味ですが、「ソリッドアイボリー」については、もうこれくらいしか考えつかないです...
 もしこの説が本当なら、リキッドもアニメを見ている時代があったということなのでしょうか...
[PR]

by lex010 | 2004-07-13 21:35

<< DDRコントローラーでDDR以...    愛国者達の居場所 >>