a0018521_16515380.jpg
 本日はMGS3に出ている「ワニ」君を実際に動物園に取材であります♪
 まずワニの予備知識から。
 ワニは南北アメリカ・アフリカ・アジアの赤道から回帰線の辺りまでに生息する大型の爬虫類です。大まかにアリゲーター、クロコダイル、ガビアルの3つに分類でき、それぞれの違いは口先で判断できるそうです。

 で、MGS3に出てくるのは、ファミ通によれば「インドガビアル」という種類のワニ。ちなみに「ガビアル種」には「インドガビアル」しかいません。
 インドのメコン・ガンジス川の流域にしか生息しない種類で、現在は生息地の減少と川の汚染等により姿を消してしまっているとのこと。
 現在動物園が中心となって繁殖活動が行われており、数は増加傾向にあるようですが、野生のインドガビアルは近い将来絶滅するといわれています。
a0018521_1761431.jpg

 インドガビアルの大きな特徴は細長い口と、背中の黒い横縞です。
 口が細いのは水の抵抗を無くすために進化したそうです。
 これらの特徴は実際のゲーム画面でも確認できたので、その辺を注意して見るのも良いですね。

 なお全てのワニの生息域と、旧ソ連の領域は一切重複しません。
 「MGS3はVR説」がますます有力になってきました...

a0018521_17201161.jpg
 ワニの武器は鋭い牙だけではありません。尻尾の攻撃も実は凶悪で、重量と鱗と筋力に裏づけされた破壊力は、人間の足なら一撃で骨折にするほどと聞いたことがあります。

 噛む力もケタ違いなので、もちろん噛まれたらひとたまりもありません。ただし、噛む力がどんなに強くても口を開く力はそれほどでもないようです。テープが口に巻かれているワニは実は自力で口を開けることができません。

※今回おじゃました横浜市野毛山動物園
 無料でお手軽に回れる広さの動物園です。
 なお、写真撮影は全てフラッシュ無しで行いました。
 参考ページ:熱川バナナワニ園
[PR]

by lex010 | 2004-08-06 17:22

<< デジタルという魔法    MGS2 ED後のスタッフロー... >>